キャリアデザインLab

学んだら活かす!キャリアデザインの活用法について紹介します

おすすめ記事

  • 書籍で学ぶ
  • キャリアデザイン能力講座について
  • 個人の目標と組織の目標とのすり合せ

サイトについてAbout site

今の仕事は本当に自分に合っているのか、このまま今の仕事をしていていいのか、職種転換をしたいけどどうしたらよいものかなど、キャリアカウンセラーとしてキャリアデザインに関するお悩みやご相談を承っています。

おすすめリンク

フリーランスの求人情報

キャリアデザインを活かしてみる

キャリアデザインを学び、知識が増えてきたらそれを活かすべきです。新しいことにチャレンジするのは勇気がいることですが、せっかくキャリアデザインを理解しキャリア設計ができるようになったならその通りになるよう努力してみましょう。中には会社や上司に問題があって思うようなキャリアを描けない人もいるかもしれません。そのような人はフリーランスとして独立することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。また、転職が必要となる人であれば、便利な転職サイトを活用することで効率的に思ったとおりのキャリアに進むことができるでしょう。

フリーランスという働き方

フリーランスという働き方

フリーランスで働く人の数は多くなってきており、自分らしい生き方をしたいという人には非常に魅力的となっています。キャリアデザインをする上では、このフリーランスという働き方も一つの選択肢に含まれることを覚えておく必要があります。フリーランスには時間や場所などの制約がないというメリットがありますが、その分仕事や収入が不安定で自由な時間が作れないこともあるというデメリットを持っています。そのため、そのようなメリットとデメリットがあることをよく理解した上で、自分のキャリアデザインをする必要があるのです。しっかりキャリアをデザイン出来ていれば、あとから失敗したと嘆く心配もありませんね。

続きを読む

転職時に活かす

転職時に活かす

キャリアデザインをしっかりと考えることが出来れば、それを今後の転職に活かすこともできます。転職は、今の職場よりも良いところにすることが求められます。そこで、キャリアをしっかりと考えるために役に立つ2つのサイトをここでは紹介します。紹介するのは「日本マンパワー」と「オプトキャリア」という二つの転職サイトで、前者はコンサルタントが1人ついてくれて、サポートを受けながら転職を考えられるようになっています。後者は、ITエンジニアを目指す人に役立つ、適性診断と適合する職業を表示してくれるサービスがあります。これらのサービスを使うことで、転職とキャリアデザインを有利に進めることができるのです。

続きを読む

キャリアデザインでの注意点

キャリアデザインでの注意点

キャリアデザインは、勉強をしたとしても思った以上に難しい作業を強いられます。よく「道は自分で切り開く」という言葉を耳にしますが、この言葉の本質を知らずにただ突き進んでしまうと、失敗してしまうことに繋がりかねません。失敗しないためには、過去・現在・未来をしっかりと考えることが大事ですが、特に未来のことは、今の時点で分からないからこそよく考える必要があるのです。キャリアデザインは、未来のことを最もよく考えて描き出さなければならない作業です。そのため、難しい作業にはなってしまいますが、それができれば自分で切り開きながら行動していくことができるようになります。

続きを読む