キャリアデザインLab

キャリアデザインにはフリーランスという選択もあります

おすすめ記事

  • 書籍で学ぶ
  • キャリアデザイン能力講座について
  • 個人の目標と組織の目標とのすり合せ

サイトについてAbout site

今の仕事は本当に自分に合っているのか、このまま今の仕事をしていていいのか、職種転換をしたいけどどうしたらよいものかなど、キャリアカウンセラーとしてキャリアデザインに関するお悩みやご相談を承っています。

フリーランスという働き方

フリーランスも一つの選択肢

キャリアデザインを考える時には、「自分は会社に勤めながらキャリアを形成していかなければならない」という考えだけを持っていてはいけません。今の時代は様々な働き方ができるということで、会社勤めをするのではなくフリーランスという働き方をすることもできるようになっています。フリーランスという一つの働き方は、キャリア形成をする上では非常に重要になります。今まで会社で働いて身に付けてきたスキルがあるのであれば、それを活かしながらフリーで働いていくこともできます。しっかりとした目標があってその働き方でないと仕事をしていくことができないと思う人であれば、一度考えてみるべき働き方です。今までの人脈を活かしながらさらに人脈を広げて仕事をしていくということもできるため、成功すればキャリアを広げていくことができるというメリットがあります。

メリットを参考にしてキャリア形成を

フリーランスという働き方は、特定の職業に限らず様々な職業において選択することができる働き方となっています。多いのはIT系のエンジニアですが、その他にもイラストレーターやライターなどもこの働き方をすることができます。フリーランスで働くということは、時間の縛りがなく自由な場所で仕事ができるというメリットがあります。一定の場所でしか仕事ができない案件も時にはありますが、多くは自宅で仕事をすることができるため、かなり自由度は高いと言えます。このようなメリットがあるため、結婚や出産、子育てといった特別な事情がある女性は、この働き方を選択するという方法もあります。また、引き受ける仕事についても、会社で勤めるということは嫌でもやらなければいけませんが、フリーランスであれば自由に選択してすることができるというメリットがあるのです。

働き方の一つの選択肢という考え

ただし、フリーランスとして働くことは、責任を全て自分で背負いながら不安定な中で生活をしなければならないということです。収入が全くない月が出てくる可能性もありますし、自由な時間を作れずに仕事に追われ続けるということになる可能性もあります。そのため、そのような働き方なのだということをよく理解しておかないと、せっかくキャリアデザインをしたとしても後から失敗したと後悔することになってしまいます。そうならないようにするために、フリーランスはキャリアデザインの中で考えるべき一つの働き方だということを覚えておく必要があります。このように考えることで、キャリアデザインの幅が一気に広がりますし、自分に合った働き方をより追求していくことができるのです。キャリアデザインを学んだあとは、このような点にも注意しながら今後の働き方や生き方を決めていく必要があります。