キャリアデザインLab

キャリアデザインのセミナーに参加してみましょう

おすすめ記事

  • 書籍で学ぶ
  • キャリアデザイン能力講座について
  • 個人の目標と組織の目標とのすり合せ

サイトについてAbout site

今の仕事は本当に自分に合っているのか、このまま今の仕事をしていていいのか、職種転換をしたいけどどうしたらよいものかなど、キャリアカウンセラーとしてキャリアデザインに関するお悩みやご相談を承っています。

セミナーを利用

キャリアデザインをするためには、しっかりとそのための勉強をしておくことが大切になります。勉強の方法についてはいくつか選択肢がありますが、ここではその中からセミナーで学ぶ方法を紹介します。様々な会社や団体では、社会人向けにキャリアデザインを学ぶことができるセミナーを開催することで支援をするという取り組みをおこなっています。このようなセミナーでは、自分自身のキャリアを考えることを想定して行われることがほとんどですが、中には部下に対してキャリアデザインの支援を行う場合を想定しているという特徴を持ったものもあるのです。毎年様々なセミナーが行われていますが、全く異なる内容を学ぶということはないため、だいたいどのセミナーに出ても同じようなキャリアデザインの勉強をすることができると考えられます。

外的キャリアから内的キャリアへ

最近では「キャリアアップ」という言葉をよく耳にすると思いますが、それは大企業に勤めることや年収アップ、または役職が上がることだけなのでしょうか。あるキャリアアップセミナーでは、以下のような考え方を紹介していました。
キャリアには外的キャリアと内的キャリアの2つがあります。外的キャリアは、他人からも見えるもの。つまり、学歴や会社名、職位、給与などが挙げられます。一方、内的キャリアは自分にしか見えないもの。つまり、仕事観や、やりがいなどですね。自らキャリアデザインするということは、この「外的キャリア」から「内的キャリア」へ、これからの人生の中での「働くこと」の意味を考えるということになります。
自分は何がしたいのか、何が得意か、何をしているときに意味を感じるかということを考えつつ、自分のゴールを決め、達成してこそ内的キャリアの満足度を得ることができるでしょう。

生活に必要な基盤についての情報を知る

労働組合のためのキャリアデザインセミナーを開催している企業もあり、総受講者数は2015年3月現在で6万人を超える人数になっています。このようなセミナーでは、自分のキャリアについて主体的に考えることや、組合員のモチベーションアップをしたいなどという目的のために様々なプログラムを行います。これまでの自分を振り返って強みは何かを明確にすることから始まり、今後自分はどうありたいのかを考えて、その姿に向かって具体的にどのように行動していくかという計画を立てていくという流れになります。このセミナーでは、キャリアデザインだけでなく、生活するうえで必要なマネープランについての情報提供もしてもらえるということです。そのため、キャリアからマネーについてまで幅広く学ぶことができ、人生をより良く生きるためにはかなり役立てることができるセミナーになっています。